自分だけのセルシオを作ろう!!


セルシオ

子どもの頃から「セルシオってなんかすごいなぁ・・・」と憧れを抱き続けてきました。
車自体もかっこいいのですが、乗っている人もかっこいい!!
「あんな大人になりたい」と思わせてくれる人ばかりだったように思います。
大人になれば、他の車のこともわかるようになり、「セルシオがどんなに高級で高性能な車か」が、もっと深く理解できるようになりますよね。

現在は、中古車として手に入れるしかなくなった「セルシオ」ですが、中古車だからこそ手に入れやすくなったとも言えますよね。
中古車となっても、セルシオの人気が衰えることはありませんし、「維持費がかかってもセルシオに乗りたい!!」という人がたくさん居るのも、よくわかります。

私も初めは、セルシオを手に入れただけで満足していたのですが、乗っているうちに「自分だけのセルシオ」を作りたくなりました。
現代はインターネットがありますので、カスタム・ドレスアップの情報がふんだんに手に入ります。

私自身も、同じ趣味を持つ人たちが発信する情報に、ずいぶん助けられてきましたので、今度は私自身が情報を発信する側になりたいと思い、このホームページを作りました。


私のセルシオ選び

セルシオは中古車市場で購入することになるので、初めは「中古車を買うときの注意点」を調べました。
ただ、セルシオの中古車選びには、独特の注意点があると、他のセルシオ・オーナーから教えてもらったことが、とっても役立ちました。

セルシオは、社用車として使われていたケースが多く、社用車ゆえにきれいに使われているケースが多いこと。
社用車は、走行距離が長くても、メンテナンスがきちんと行われているケースが多いこと。
そのため、現状のコンディションをしっかり見るほうが大事なんだということを、教えていただきました。

セルシオには、10、20、30などの型がありますが、10から20の前期のものは、価格としては安いけれど、古さが気になることは事実です。
20後半のモデルになると、価格が上昇します。

同様に「セルシオの買取査定」価格も20系後半のモデルから高くなります。

ただし、カスタム・ドレスアップを考える人には、古い・新しいということよりも、「自分の好みの車」という観点で選ぶことも大事だと、私は思います。


カスタムで大事なこと

これは私の考えなのですが「なぜカスタムしたいのか?」を考えることと「全体的にどういうイメージのセルシオに仕上げたいのか?」を、常に意識することが大事だと思います。
免許を取ったばかりの人が、いきなり「セルシオを購入してカスタムしたい!!」というケースよりは、何台かの車に乗りながら「やっぱりセルシオのほうがいい・・・」と思いつづけ、お金を貯めて購入するということのほうが多いでしょう。

その際に「なぜ、他の車種ではなくセルシオが良かったのか?」を考えるんです。
「豪華だから?」「乗り心地がいいから?」・・・そういった「なぜ?」を考え、その部分を伸ばす方向で、ドレスアップしていくのも、一つの手段でしょう。

また「全体的な仕上がりが、どうなるか?」を意識しないで、手当たり次第にドレスアップしていくと、なんだか乗り心地の悪いセルシオに仕上がってしまうので、注意が必要ですね。
それなりの出費をして、カスタムしていくのですから、明確なイメージを持ち、満足のいく車に仕上げましょう。


カスタムカー専門店との付き合い

セルシオ カスタムを続けていく上で、カスタムカー専門店と良い付き合い方をすることが、大事になります。
セルシオ専門の店(ノーマル車も扱うことが多い)もありますし、車種は限定しないカスタムカー専門店もあります。
また、カーオーディオやタイヤ・ホイールなど、パーツごとに特化しているお店もあります。

初めて専門店に行くときは、勇気がいると思いますが、行ってみないことには、店の雰囲気などもわかりづらいですので、インターネットで下調べをしてからは、是非、実店舗を訪ねてみてください。
お店との「相性」というものがあり、相性の良いお店とは長くお付き合いが続けられます。
セルシオも、そのお店と付き合うことで、元気になっていってくれるでしょう。

あまりにも遠いところにあるお店は、何かあったときに通うのが大変なので、注意しましょう。
ちなみに、カスタムカーの買取を依頼したい場合には、カスタムカー専門店でお願いするほうが、高く売れると言われているそうです。